スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ENM 白ウサギの後を 

20070127115125.jpg


白うさぎの後をに行ってきました。
行ってきただけデス。

ウルガランのENMは4つありますが、この「白ウサギの後を」と「雪こんこん」は行く気が全くしてませんでした。なんせ運がすべてなので確実に勝つのはまず無理、しかも聖牛と唇亡びてがソロや少人数で安定して勝てる&ドロップも経験値もウマーなら誰もいきませんわねw

このウサギBCはelemen様によると

・最初親うさぎが1匹
・しばらくすると子うさぎが5匹ポップ
・5匹のうち1匹が当たりでそれを倒すと残りの子うさぎは全て消える
・子うさぎが全て消えると親強化

こんな感じらしいです。

やってないのに言うのもなんですが、多分5回やれば1回は勝てるんじゃないかと思います。親だけになればなんとかなると思うので。でもそういうのはやる気になりません。

で、今回どうしてここに行ってみたのかというと、子うさぎの当たりを見分ける方法はないか?ってのを確かめるためです。
そんなものがあったらとっくに晒されてるはずなので、見分け方なんてないとは思うんですが・・・

でも少しだけ期待もって行きました。きっかけはMaxilさんの聖牛モード判別の記事です。
聖牛は初期のころに少しやったぐらいですが、色でモードがわかるのは全く気が付かなかったです。これを赤でなくシーフが見つけるというのが凄いw

で、ちょっと思ったのは、なんでわざわざ色をつけたのかなと。
モードを変えるときにただエフェクト出すだけでいいのにわざわざ色をつけたのは、ユーザーに攻略のヒントを与えているってことなのかなと。開発側からすれば色をつける必要はなくて、判別はユーザーにまかせるってのでもいいと思うんですよね。

そうすると。
同時期に同じウルガランに実装された運次第のこのBCにもなんか隠されてるんじゃないか?と思って突っ込んでみました。

とりあえず見た目、影、動作とかに違いがないかチェックします。
まずは正面から

20070127115132.jpg


次に後ろ。こっち向いてるのがバインド中の親です。

20070127115140.jpg


最後に正面からもう一度。

20070127115147.jpg




(・ω・)・・・





20070127115156.jpg


わかんねwwwwwww

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。